ホーム > >労働関連ニュース > 時間外 労使協議せず36協定超え――JR北海道

時間外 労使協議せず36協定超え――JR北海道

2011年9月26日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

北海道旅客鉄道(株)(北海道札幌市、中島尚俊代表取締役社長、7,267人)は、今年7月に36協定違反で札幌中央労働基準監督署から是正勧告を受けて いたことを明らかにした。同社の特別条項で定める労使協議を行わずに1カ月45時間の上限を超える時間外労働に従事させていたもので、その後の社内調査で も過去3年間に延べ約450人に同様の違反がみつかっている。時間外労働の管理がずさんだったことが要因とした。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ