ホーム > >労働関連ニュース > 法定定年引上げは時期尚早――厚労省・審議会労使が一致

法定定年引上げは時期尚早――厚労省・審議会労使が一致

2011年9月26日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

法定定年年齢の引上げは時期尚早――厚生労働省の労働政策審議会雇用対策基本問題部会(部会長・大橋勇雄中央大学大学院教授)は、このほど高年齢者雇用促 進法改正に向けた審議を開始、法定定年年齢の引上げについては今回の課題とせず、先送りすることで労使見解が一致した。この結果、同部会の審議は、継続雇 用の対象者を決める基準制度の廃止か存続かに関心が移っている。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ