ホーム > >労働関連ニュース > 実習生受入先 全事業場が法令違反――福井労働局

実習生受入先 全事業場が法令違反――福井労働局

2011年10月 3日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

福井労働局(島谷敏昭局長)は、外国人技能実習生の受入事業場に対する集中監督の結果をまとめた。立入調査を行った受入先のすべてで法令違反が発覚するな ど過去5年間で最悪の水準となっている。36協定の時間外限度超過をはじめ労働時間関係の違反が5割と最も多い。次いで時間外労働の割増賃金関係が4割に 上っている。実習生からの相談に基づく監督が多かったのが影響した。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ