ホーム > >労働関連ニュース > 人件費低く「非中立的」――パートの厚年適用で厚労省

人件費低く「非中立的」――パートの厚年適用で厚労省

2011年10月10日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

厚生労働省は、パート労働者への社会保険適用拡大に向けた基本的考え方を明らかにした。①被用者には被用者にふさわしい年金・医療保険を確保する、②働か ない者が有利になる壁を除去し、就労促進型、中立的なものとする、③企業の社会保険料負担を業種や雇用形態で異ならない公平なものとする――とした3項目 を打ち出している。卸・小売、飲食サービスなど、パートを多く雇用している業種は、社会保険料の負担が軽く、人件費を相対的に低く押さえられ、競争上不公 平とした。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ