ホーム > >労働関連ニュース > 雇用減、経営圧迫を懸念――パートの社会保険拡大で業界が反発

雇用減、経営圧迫を懸念――パートの社会保険拡大で業界が反発

2011年11月14日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

パート労働者を多数雇用する複数の業界団体はこのほど、厚生労働省が現在検討を進めているパート労働者の社会保険適用拡大案に強硬な反対意見を表明した。 日本フードサービス協会や日本チェーンストア協会などによると、「多様な働き方を選択するパート労働者の考え方を無視したもの」「パート労働者と企業に新 たな保険料負担を発生させ、深刻な影響が生じる」となど主張しており、一層ハードルが高まっている。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ