ホーム > >労働関連ニュース > 札幌市 業者に一定賃金額義務付け――首都圏以外で初めて

札幌市 業者に一定賃金額義務付け――首都圏以外で初めて

2011年12月19日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

北海道・札幌市は、「札幌市公契約条例(仮称)」の素案を明らかにした。同市発注の工事などを受注した業者に一定額以上の賃金の支払いを義務付けるもの で、予定価格5億円以上の工事請負契約と、予定価格1,000万円以上の業務委託契約の一部に適用する見通し。実現すれば千葉県野田市、神奈川県川崎市に 続く3例目となる見込み。首都圏以外の自治体では初めて。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ