ホーム > >労働関連ニュース > 雇用保険料率・下限の1.0%に引下げ――厚労省決定

雇用保険料率・下限の1.0%に引下げ――厚労省決定

2012年1月30日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

平成24年度の雇用保険料率は現行の1.2%から1.0%に引き下げ――厚生労働省の労働政策審議会職業安定分科会雇用保険部会(清家篤部会長)は、「雇 用保険制度の見直しの方向」に関する最終報告をまとめた。経済情勢が依然厳しい状況にあるためで、個別延長給付や雇止めによる離職者に対する基本手当給付 日数の優遇などの暫定的措置も、さらに2年間延長するとした。一方、支給要件の緩和を続けてきた雇用調整助成金は、20年度後半以前の状態に段階的に戻す べきであるとした。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ