ホーム > >労働関連ニュース > 介護事業場 2割強で最賃下回る――池袋労基署

介護事業場 2割強で最賃下回る――池袋労基署

2012年2月13日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

東京・池袋労働基準監督署(田谷信介署長)は、訪問介護および介護施設に対する監督指導結果をまとめた。36協定の未締結が7割に達し、最低賃金を下回っ たケースが2割強に上っている。労務管理担当者の知識不足が大きな要因であるとして、このほど大規模な集団指導を実施。訪問介護におけるサービス利用者宅 間の移動時間などに賃金を支払わず、結果的に最賃違反なっていることから労働時間に含めるよう指示した。始業・終業時刻の把握などによる労働時間管理の徹 底を求めている。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ