ホーム > >労働関連ニュース > 「非正規」の呼称改めて――厚労省が働き方ビジョン

「非正規」の呼称改めて――厚労省が働き方ビジョン

2012年3月12日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

厚生労働省は、今後の雇用労働政策の指針となる「望ましい働き方ビジョン」の骨子案を明らかにした。非正規を中心とする雇用労働の安定、公正、多様性と企 業経営の自由との共存を図るため、無期労働契約への転換促進、正規・非正規間の均等・均衡待遇の促進が求められるとした。非正規と一括するのではなく、有期短時間労働者などと雇用形態が明確になる呼称に変更する必要もあるとした。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ