ホーム > >労働関連ニュース > 推計1万2,000人合格へ――法務省・高度外国人ポイント制

推計1万2,000人合格へ――法務省・高度外国人ポイント制

2012年3月19日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

法務省は、平成24年度のできるだけ早い時期に高度外国人材ポイント制をスタートさせる方針だ。活動内容を学術研究、専門・技術、経営・管理の3分野に分 け、学歴、職歴、年収などの項目ごとにポイントを付与、合計点が基準に達した場合、出入国管理上の優遇措置を与える。合格者数は22年の場合の推計で1万 2,000人程度、合格率は在留者で7%程度、入国者で12%程度とみられている。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ