ホーム > >労働関連ニュース > 産保活動 医師会、保健所と連携――三鷹労基署

産保活動 医師会、保健所と連携――三鷹労基署

2012年3月19日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

東京・三鷹労働基準監督署(吉谷真治署長)は、「健康職場づくりプロジェクト」を本格的にスタートさせた。地域産業保健センター、医師会、保健所などと連 携し、健康職場づくりを推進できる産業医・産業保健スタッフの養成などに乗り出す。資源の乏しい中小企業の産業保健活動を後押しするのが狙い。管内企業に 広く参加を呼びかけるため、3月8日にフォーラムを開催した。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ