ホーム > >労働関連ニュース > 内需型組合の先行開示に着手――連合12春闘

内需型組合の先行開示に着手――連合12春闘

2012年3月26日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

金属大手の相場形成に頼らない新たな春闘への挑戦を開始した12春闘。連合は、JC集中回答日前日(3月13日)までに会社から回答を引き出した内需型企 業64組合を公表し、今後本格化する中堅・中小への波及を期待した。しかし、その翌日には自動車、電機、鉄鋼・造船など輸出型の金属主要メーカーが軒並み 賃金体系維持で終結、中小の回答が加速する4月以降に新たな取組みの課題などが鮮明になってくる。西友、ラルズ、サイゼリヤなど企業名開示に踏み切ったの は10組合。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ