ホーム > >労働関連ニュース > 特定派遣に許可制導入を――技能協が政策提言

特定派遣に許可制導入を――技能協が政策提言

2012年4月 2日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

(社)日本生産技能労務協会(清水竜一会長)は、製造派遣・請負業界の健全化と労働者保護に向けた政策提言を取りまとめ、厚生労働省に提出した。関係法令 を順守しない悪質な事業者を排除するため、特定派遣事業の許可制への転換や、製造請負事業の許認可制度の導入を求めている。請負事業の適正運営をめざし、 一定の雇用管理能力を備えた「製造請負事業管理責任者」を認定する制度の創設も提案した。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ