ホーム > >労働関連ニュース > 差別禁止3要件・労働側が廃止要求――パート法改正で労使対立

差別禁止3要件・労働側が廃止要求――パート法改正で労使対立

2012年4月 9日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

パートタイム労働法改正を検討している労働政策審議会雇用均等分科会(林紀子分科会長)で、同法第8条に規定している差別禁止対象3要件の存廃問題で労使 見解の対立が激しくなってきた。労働者側委員は、わずか0.1%のパート労働者に差別的扱いを禁止している現行制度では、実質的な待遇改善につながらない とし、同3要件を廃止すべきであると訴えているのに対し、使用者側委員は、ようやく制度が定着し始めており、企業の取組みを促すことに力を入れるよう指 摘、平行線となっている。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ