ホーム > >労働関連ニュース > 臨海部倉庫に立入調査――川崎南労基署

臨海部倉庫に立入調査――川崎南労基署

2012年6月11日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

神奈川・川崎南労働基準監督署(村田博署長)は今年度、労働災害が多発している臨海部の倉庫を重点的に監督指導する。業種としては陸上貨物取扱業や道路貨 物運送業、港湾運送業、倉庫業を含む商業が対象となる。倉庫内作業や荷の積下ろし作業での災害がめだつことから、積極的に立入調査を進め安全衛生管理体制 のチェックと法令違反の是正に努める。併せてリスクアセスメントの導入促進にも力を入れる。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ