ホーム > >労働関連ニュース > 競売落札企業の使用者性を否定――中労委

競売落札企業の使用者性を否定――中労委

2012年6月18日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

中央労働委員会(菅野和夫会長)は、不動産競売となったホテルの従業員らが加入する労働組合が、新体制下の労働条件に関する団交を落札者のブリーズベイホ テル㈱(横浜市)に拒否された紛争で、労組の救済申立てを棄却した。「近い将来雇用関係が成立する可能性があったとは認められない」として、労働組合法上 の使用者に当たらないと判断した。不当労働行為と認定して団交応諾を命じた初審命令を取り消している。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ