ホーム > >労働関連ニュース > 夜間ツアーバス、1人運転上限400キロに――国交省

夜間ツアーバス、1人運転上限400キロに――国交省

2012年7月 9日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

関越自動車道の高速ツアーバス事故を受けて国土交通省が設置した有識者会議「高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会」は、過労運転防止の緊急対策 を取りまとめた。1日に運転できる距離や時間を定めた「交替運転者の配置基準」を決定している。一運行当たりの乗客を運ぶ距離の上限を原則400キロと し、これを超える場合には交替運転者が必要とした。対象は夜間運行の高速ツアーバスで、国交省では7月中旬から運用を開始する予定だ。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ