ホーム > >労働関連ニュース > 透析機器操作 違法派遣で事業停止命令――大阪労働局

透析機器操作 違法派遣で事業停止命令――大阪労働局

2012年8月 6日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

大阪労働局(西岸正人局長)は、派遣禁止業務である「透析機器の操作」に4年以上も労働者を派遣していた特定派遣事業主の(株)ヒューマンドリーム(大阪 市中央区)に対し労働者派遣法に基づく事業停止および事業改善を命令した。同社は大阪府内の医療機関に業務委託と称し、臨床工学技士3人を送り込んでいた が、実態としては医師の指揮命令下で業務を行う〝偽装請負〟の状態にあった。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ