ホーム > >労働関連ニュース > 入社前後のギャップ解消し離職防止を――日本経営協会調査報告書

入社前後のギャップ解消し離職防止を――日本経営協会調査報告書

2012年8月20日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

入社前のイメージと入社後の実態とのギャップが大きい若手社員ほど、転職や退職への意識が強い――こんな傾向が、一般社団法人日本経営協会がまとめた「若 手社会人就労意識ギャップ調査報告書」で明らかになった。入社3年目の社員のうち、所属企業の雰囲気・組織風土や仕事内容の実態が「学生時代のイメージよ りも悪い」と考える者がそれぞれ約4割に上り、そのうちの1割以上が「すぐに退職したい」と回答している。同協会は、早期離職を防止するため、若手社員の 意見に耳を傾け、ギャップ解消に向けて魅力ある職場・人事制度を構築するよう提言している。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ