ホーム > >労働関連ニュース > 直接雇用申込みみなし制度の再考を要望――派遣協会

直接雇用申込みみなし制度の再考を要望――派遣協会

2012年9月10日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

派遣労働者に対する労働契約申込みみなし制度の導入見直しを――日本人材派遣協会(家中隆会長)は、「改正労働者派遣法の施行に当たっての意見書」を取り まとめ、厚生労働省に提出した。3年後に施行が延期された違法派遣時の労働契約申込みみなし制度について、憲法が保障する契約の自由を侵害するなど問題が 多いとみて、施行までに見直すよう求めている。このほか、日雇派遣の原則禁止における例外事項や離職した労働者の元の勤務先へ派遣禁止などに関する柔軟な 対応など8項目を盛り込んだ。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ