ホーム > >労働関連ニュース > 残業時間の確認が先決――愛知労働局

残業時間の確認が先決――愛知労働局

2012年10月 1日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

愛知労働局(新宅友穂局長)は、過重労働に関する過去3年間の監督指導結果を明らかにした。長時間労働者に対する医師による面接指導制度の実態をまとめた もので、労働者が自己の残業時間を確認できる仕組みがないなど、申出を適切に行える体制を整備していないケースが少なくなかった。衛生委員会における過重 労働対策の調査審議が低調なことも一因とみて、申出しやすい環境づくりの推進を求めている。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ