ホーム > >労働関連ニュース > 非正規の能力開発を抜本強化――厚労省・専門検討会設置

非正規の能力開発を抜本強化――厚労省・専門検討会設置

2012年10月 8日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

厚生労働省は、最重要課題に掲げている非正規雇用労働者の能力開発対策を「抜本的に強化」するため、学識経験者や企業の人事担当者など8人で構成する専門 検討会をスタートさせた。正規雇用と比較して能力開発機会が不足し、キャリア展望が持ちにくくなっている非正規雇用の現状を改善し、企業の生産性向上と日 本経済を支え得る人材への転換を図る。企業における能力開発への取組みを促進するための環境整備が検討の中心となる模様だ。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ