ホーム > >労働関連ニュース > 「心身の故障」は例外――厚労省・改正高年法で指針案

「心身の故障」は例外――厚労省・改正高年法で指針案

2012年10月29日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

厚生労働省は、改正高年齢者雇用安定法に基づき「高年齢者雇用確保措置の実施及び運用に関する指針」(案)を作成した。定年後に継続雇用制度を導入する場 合は、希望者全員を対象としなければならないが、高年齢者によって「心身の故障」により業務に堪えられないと認められる者については、「継続雇用しないこ とができる」と定めている。賃金・人事制度に関しては、年功重視からの脱却を求めた。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ