ホーム > >労働関連ニュース > アニメ会社へ集団指導――新宿・池袋労基署合同

アニメ会社へ集団指導――新宿・池袋労基署合同

2012年11月26日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

東京の新宿・池袋の両労働基準監督署は、アニメ制作会社に対する集団指導を行った。昨年100社あまりに実施したアンケートに基づくもので、36協定(3 割)や割増賃金(2割)など労働時間関係を中心に違反回答がめだった。アニメーターの長時間労働やサービス残業が懸念されることから、適正な労働時間管理 に加えて医師面接などの過重労働対策に取り組むよう指示している。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ