ホーム > >労働関連ニュース > 荷主先の災防対策を強化――厚労省・陸運業の安全で検討会

荷主先の災防対策を強化――厚労省・陸運業の安全で検討会

2012年12月10日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

厚生労働省は、近年の労働災害増加の一因となっている陸上貨物運送事業における荷役作業の安全対策強化に向けた検討をスタートさせた。同業界で発生した災害の約7割が、荷台などからの墜落・転落、転倒、腰痛、荷役運搬機械災害で、さらにこれらのほとんどのケースが荷主先で発生しているという特徴がある。このため、荷主と陸運事業者との連絡調整や安全対策の役割分担の明確化、運転者に荷役作業を行わせる場合の身体的負荷に対する配慮などが中心課題となる。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ