ホーム > >労働関連ニュース > 新装開店後に過労死――四日市労基署

新装開店後に過労死――四日市労基署

2012年12月17日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

三重・四日市労働基準監督署(平川和宏署長)は、特別条項付き36協定で定める月90時間の時間外労働の延長限度を超えて労働者を働かせたとして、精肉・ 和菓子チェーンの(株)柿安本店と同社柿安精肉本店(いずれも三重県桑名市)店長を労働基準法第32条(労働時間)違反の疑いで津地検四日市支部に書類送 検した。労働者が過重労働による心臓疾患で死亡したことを機に捜査している。リニューアルオープンに伴う売上げ増加で急きょ食料品を製造しなければなら ず、早出出勤や長時間残業が連日連夜に及んでいたという。時間外労働は合計で月147時間に達している。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ