ホーム > >労働関連ニュース > 産業空洞化抑止へ労働規制見直しを――近畿商議所連合会

産業空洞化抑止へ労働規制見直しを――近畿商議所連合会

2012年12月17日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

大阪商工会議所など関西地域の商議所で構成する近畿商工会議所連合会は、「中小企業の海外展開支援と産業空洞化の抑止に関する要望」をまとめ、政府や経済 産業省など関係先に提出した。海外進出時の税制優遇や助成制度の拡充を盛り込む一方、日本国内の労働規制の強化は雇用縮小や産業空洞化を招くとして、政策 の方向転換を訴えた。来年4月施行の改正労働契約法の見直しや、社会保険の適用拡大への慎重な対応を求めている。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ