ホーム > >労働関連ニュース > 企業枠越え社会全体で――非正規の能力開発で報告案

企業枠越え社会全体で――非正規の能力開発で報告案

2012年12月17日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

企業、業界団体、公的部門などが一体となって非正規労働者のキャリア形成を支援すべき――厚生労働省の非正規雇用労働者の能力開発抜本強化に関する検討会 (座長・阿部正浩獨協大学経済学部教授)は、企業間を移動する機会が多い非正規労働者の能力開発は、社会全体で対応する必要があるなどとする報告書(骨子 案)をまとめた。専門性を身につける能力開発機会を社会全体で確保し、その専門性を企業の枠を超えて生かせる環境整備が不可欠としている。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ