ホーム > >労働関連ニュース > 福祉施設 申告監督10年で3.5倍に――大阪労働局

福祉施設 申告監督10年で3.5倍に――大阪労働局

2012年12月24日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

大阪労働局(森岡雅人局長)は、社会福祉施設に対する監督指導結果を明らかにした。平成23年度の違反率はおよそ8割に達し、過去5年間で最悪となった。 労働者からの申告に基づく監督件数も10年間で3.5倍に増加するなど、介護労働者の就労環境の厳しさが改めて浮き彫りになっている。ケアマネージャーを 一律に管理監督者として取り扱い、残業代を支払っていないケースをはじめ、申告事案の半数以上が賃金・時間外手当関係だった。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ