ホーム > >労働関連ニュース > 産業と雇用対策を一体化――厚労省・25年度に新地域活性化策

産業と雇用対策を一体化――厚労省・25年度に新地域活性化策

2012年12月24日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

厚生労働省は平成25年度、地域の産業政策と一体となって質の高い雇用を「戦略的」に創造するため、「地域雇用創造総合プログラム」(仮称)をスタートさ せる意向だ。都道府県が提案する製造業関連の雇用創造プロジェクトを対象に、国が、指定企業の雇入れ助成、雇用拡大支援、人材育成などのバックアップを行 う。プロジェクト実施期間は最大3年間で、年間上限総額10億円の予算を投入する方針である。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ