ホーム > >労働関連ニュース > 精神障害者雇用を義務化へ――厚労省審議会が報告書案

精神障害者雇用を義務化へ――厚労省審議会が報告書案

2013年2月 4日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

厚生労働省の労働政策審議会障害者雇用分科会(座長・今野浩一郎学習院大学教授)は、「今後の障害者雇用施策の充実強化」について報告書(素案)をまとめ た。労働・雇用分野における障害者の権利に関する条約の批准に向け、障害者への差別禁止規定と合理的配慮の義務化を明記するとした。同時に、精神障害者の 雇用の義務化についても、企業の受入体制の整備状況を考慮して、段階的に実施していく方向である。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ