ホーム > >労働関連ニュース > 大規模・多店舗展開企業を重点――厚労省・第12次労災防止計画案

大規模・多店舗展開企業を重点――厚労省・第12次労災防止計画案

2013年2月11日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

第三次産業の拡大や非正規労働者が増加しつつある労働現場の実態に労働安全衛生法令が合っているか点検が必要――厚生労働省はこのほど、第12次労働災害 防止計画(案)をまとめ、労働災害発生業種の主役が従来の製造業、建設業から第三次産業に移ったとの認識を明らかにした。とくに小売業に対しては、大規模 店舗や多店舗展開企業へ労災防止意識の浸透・向上を図るため重点的に指導する意向である。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ