ホーム > >労働関連ニュース > 実習生受入先 虚偽説明・改ざん続出――岐阜労働局

実習生受入先 虚偽説明・改ざん続出――岐阜労働局

2013年2月18日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

岐阜労働局(佐々木秀一局長)は、外国人技能実習生受入事業場に対する監督結果をまとめた。2割の事業場で立入調査時における監督官への虚偽説明や帳簿の 改ざん・提出拒否などの隠ぺい行為が明らかになっている。全体の違反率はほぼ8割に達し、過去5年間で最も高かった。金属・自動車関連の製造業で月100 時間を超える長時間労働者がめだつ。隠ぺい行為が年々巧妙・悪質化していることから、入国管理局との通報体制などをさらに強化する方針だ。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ