ホーム > >労働関連ニュース > 法定時間 正しい認識は2人に1人――沖縄労働局

法定時間 正しい認識は2人に1人――沖縄労働局

2013年2月25日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

法定労働時間、最低賃金を正しく認識している大学生は2人に1人――沖縄労働局(川口秀人局長)が全国で初めて実施した「労働法・労働行政に関する大学生 へのアンケート調査」でこんな実態が明らかになった。アルバイトなどの仕事をしていてトラブルに遭ったり、疑問を持った者は3割に上っている。最も多いの が「最初の約束より労働時間が長かった」だった。労働条件について説明を受けた者のうち過半数が「口頭のみ」と答えるなど、事業主の法違反も浮き彫りに なっている。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ