ホーム > >労働関連ニュース > 警備業の労災防止へガイドライン――中災防

警備業の労災防止へガイドライン――中災防

2013年3月18日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

中央労働災害防止協会は、警備業における労働災害の増加傾向に歯止めをかけるため、企業が取り組むべき安全衛生対策を示した手引「警備業における労働災害 防止のためのガイドライン」をまとめた。高齢の警備員による災害が多いことから、年齢や健康状態に応じた適正な労働時間の設定のほか、高所作業や深夜作業 に従事させないなど高年齢者への配慮を求めている。交通誘導警備においては、誘導対象車の死角に入らないなど、適切な誘導位置を選定するよう警備員に指導 することとした。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ