ホーム > >労働関連ニュース > 調査的監督をスタート――厚労省・時間外5割増の中小拡大検討へ

調査的監督をスタート――厚労省・時間外5割増の中小拡大検討へ

2013年5月13日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

厚生労働省は、現在大手企業に限り適用している1カ月60時間を超えた場合の時間外割増率「50%以上」を、中小企業にまで適用拡大するか否かを検討する ため全国で調査的監督をスタートさせた。前回の労働基準法改正で時間外割増率が引き上げられたものの、原則として資本金または出資金が3億円以下で常用労 働者300人以下の中小企業に対しては、「当分の間、適用しない」としていた。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ