ホーム > >労働関連ニュース > 勤務医の労働改善へツール――日本医師会が作成

勤務医の労働改善へツール――日本医師会が作成

2013年5月13日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

公益社団法人日本医師会(横倉義武会長)は、院長・副院長などの病院管理者向けに「勤務医の労務管理に関する分析・改善ツール」を作成した。チェックリス トで問題点を明らかにし、難易度の低い項目から取り組める仕組みである。業務の見直しでは、診療科ごとに医師の勤務実態が異なることを踏まえ、診療科ごと に36協定を締結するなどの弾力的な運用がカギになるとしている。病院などへの配布に加え、47都道府県で開催するワークショップを通じて周知する方針で ある。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ