ホーム > >労働関連ニュース > 1カ月220時間残業させる――船橋労基署

1カ月220時間残業させる――船橋労基署

2013年5月20日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

千葉・船橋労働基準監督署(飯島正三署長)は、違法な長時間労働を行わせたとして引越し業大手のアートコーポレーション㈱(大阪府大東市)と同社千葉支店 長を労働基準法第32条(労働時間)違反の疑いで千葉地検に書類送検した。リーダー格の労働者5人に対し36協定の限度を超えて1カ月最大224時間の時 間外労働に従事させた。同支店で発生した死亡災害を受けて労務管理の実態を併せて点検したところ発覚したもの。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ