ホーム > >労働関連ニュース > 業務委託適正化へ新ガイドライン――情報サービス産業協会

業務委託適正化へ新ガイドライン――情報サービス産業協会

2013年5月20日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

一般社団法人情報サービス産業協会(略称=JISA、浜口友一会長)は、システム開発などの業務委託契約を適正に履行するための新しいガイドラインを作成 した。厚生労働省が示した派遣と請負の区分基準に関する「疑義応答集」を踏まえ、発注者側施設で一人作業を行う場合は、作業者に受注者側責任者を兼務させ ないよう呼びかけた。作業者以外の責任者がほぼ毎日訪問し、実質的な作業指示を出すこととした。見積り依頼時に作業者個人を指名しないなど、発注者側の留 意事項も盛り込んでいる。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ