ホーム > >労働関連ニュース > 過重労働防止に照準――厚労省・25年度労基行政方針

過重労働防止に照準――厚労省・25年度労基行政方針

2013年5月27日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

厚生労働省は、平成25年度労働基準行政の重点施策を明らかにした。過重労働による健康障害防止に向けた監督強化を前面に打ち出し、限度時間を超える時間 外労働に係わる割増賃金率を定めていない事業場や脳・心臓疾患等による労災請求があった事業場に対する指導などを徹底するとした。安全衛生対策では、労災 の減少がみられない第三次産業、陸上貨物運送事業を「重点業種」に指定している。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ