ホーム > >労働関連ニュース > 子会社破産後の雇用保障で親会社に団交命令――福岡県労委

子会社破産後の雇用保障で親会社に団交命令――福岡県労委

2013年6月10日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

福岡県労働委員会(野田進会長)は、破産手続きを開始した子会社の社員が所属する労働組合が、雇用保障に関する団体交渉を親会社に求めた紛争で、団交を拒 否した特殊鋼メーカーの寿工業㈱(東京都)の対応を不当労働行為と認定した。通常の親子会社関係を超える強い支配力を行使して、子会社の事業停止と破産を 事実上決定したと指摘。労働組合法上の使用者に当たるとして、団交に応じるよう命令している。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ