ホーム > >労働関連ニュース > 大手派遣会社 サービス残業させ書類送検――大阪労働局

大手派遣会社 サービス残業させ書類送検――大阪労働局

2013年6月17日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

大阪労働局(森岡雅人局長)は、サービス残業を行わせたとして派遣大手の㈱新日本(大阪市北区)と同社代表取締役社長を労働基準法第37条(時間外、休日 及び深夜の割増賃金)違反などの容疑で大阪地検に書類送検した。全国の営業所で派遣社員を管理する現場担当者に1人最大100時間分の割増賃金を支払って いなかった。派遣社員が契約途中で退職した場合は担当者の賃金から損失分を補てんさせる違法控除も発覚している。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ