ホーム > >労働関連ニュース > 業務から「人単位」に――厚労省研究会・労使が意見対立

業務から「人単位」に――厚労省研究会・労使が意見対立

2013年6月24日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

「専門26業務」の区分を廃止――厚生労働省が進めている労働者派遣制度の見直し検討において、有力な案として浮上している。「専門的な知識等」や「特別 の雇用管理」が必要な業務という定義は、時代状況によって変わり、常用代替の恐れを判断する際の基準とはなりにくいとしている。派遣期間上限の設定につい ては、業務単位から人単位に変更すべきとした。派遣事業主団体では、いずれの見直し案にも「同意」を表明したが、連合など組合側は反対しており、今後の行 方が注目される。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ