ホーム > >労働関連ニュース > 「車両停止」900件超に――国交省と厚労省が社保・労保対策で実務者会議

「車両停止」900件超に――国交省と厚労省が社保・労保対策で実務者会議

2013年7月 8日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

国土交通省と厚生労働省は、貨物自動車運送事業における社会保険・労働保険未加入対策の今後の取組みなどに関する実務レベルの課長級会議を実施した。近年 の中小零細事業者の増加に伴い、社会保険・労働保険未加入事業者がめだち、不健全な競争状態が続いているとして、両省の実務担当者レベルによる情報交換と 統一的取組みを進める狙い。平成23年度時点で、社会保険未加入が2割、労働保険未加入が1割に達し、車両停止の行政処分はこれまでに900件以上に上っ ている。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ