ホーム > >労働関連ニュース > 持株会社の使用者性認定――都労委

持株会社の使用者性認定――都労委

2013年7月 8日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

東京都労働委員会(荒木尚志会長)は、ゲーム開発会社を解雇された労働者の加入する合同労働組合が親会社である持株会社に団体交渉を求めた事案で、団交を 拒否した㈱EMCOMホールディングス(東京都品川区)の対応を不当労働行為と認定した。子会社の従業員への年俸制の適用や人事評価の決定を行っていたこ とから、株主としての権限を超えて、基本的労働条件について雇用主と同視できる程度に支配力を及ぼしていたとして、労働組合法上の使用者に当たると判断し た。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ