ホーム > >労働関連ニュース > 運転者高齢化の実態把握へ――全タク連

運転者高齢化の実態把握へ――全タク連

2013年7月15日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

全国ハイヤー・タクシー連合会(富田昌孝会長)は今年度、年々高年齢化が進むタクシー運転者の実態把握に乗り出す。交通労働災害防止や平成28年から適用 基準が緩和される厚生年金などの対策に取り組む際の基礎資料とする考えである。フルタイムで働く一般乗務員と週40時間未満で働く「定時制乗務員」の年齢 階層別の分布状況を調べるほか、定時制乗務員には、具体的な労働時間数も尋ねるとした。東京・大阪エリアではすでに実施しているが全国規模では初めて。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ