ホーム > >労働関連ニュース > 発注労働者が運行の都度指示はダメ――車両運行業務などで派遣・請負区分疑義応答集

発注労働者が運行の都度指示はダメ――車両運行業務などで派遣・請負区分疑義応答集

2013年8月 5日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

厚生労働省は、「労働者派遣事業と請負により行われる事業との区分に関する基準」(37号告示)についての疑義応答集案(第2集)を作成した。車両運行管 理や学校給食調理、商品実演販売など製造業務以外の役務提供について、同基準の具体的解釈例を示している。業務発注者による緊急時の指示、業務手順、作業 打ち合わせ時の請負労働者の同席などについて、直ちに労働者派遣と判断されることはないが、実態上、日常的に作業指示が出されている場合などは請負とみな されない可能性がある。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ