ホーム > >労働関連ニュース > 二重派遣で事業停止命令――愛知労働局

二重派遣で事業停止命令――愛知労働局

2013年8月12日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

愛知労働局(新宅友穗局長)は、職業安定法で禁止されている労働者供給事業を行ったとして、制御系ソフトウエアなどの開発を行う特定派遣元事業主のイー シーエス㈱(愛知県刈谷市)に対し、労働者派遣法に基づき1カ月の事業停止および事業改善を命令した。同社は、愛知県内の特定派遣元事業主など3社から受 け入れた労働者を別のシステム開発関連会社に派遣していた。出向を偽装して労働者を受け入れていたが、実態は労働者派遣事業に当たり、いわゆる「二重派 遣」の状態だった。二重派遣を助長した3社にも事業改善を命じている。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ