ホーム > >労働関連ニュース > 団交拒否事件が増加――平成24年都労委

団交拒否事件が増加――平成24年都労委

2013年8月19日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

東京都労働委員会は、平成24年における不当労働行為審査事件の取扱状況を取りまとめた。紛争の類型として団体交渉拒否事件が増えており、新規申立ての8割以上を占めた。拒否の理由は「使用者でないから」が最も多く、前年に比べ倍増。企業再編に伴って子会社の労働者が加入する労組が親会社に団交を申し込んだり、請負会社の労組が発注者を相手取るケースがめだつ。合同労組からの申立ては依然として7割近くに達している。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ