ホーム > >労働関連ニュース > 公表制度創設し欠陥機械回収を強化――厚労省が検討会設置

公表制度創設し欠陥機械回収を強化――厚労省が検討会設置

2013年8月26日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

厚生労働省は、労働安全衛生法で規定している欠陥のある機械などの回収・改善命令制度の的確な運用に向け、専門家による検討会を設置した。近年、機械の譲 渡者に対する回収・改善命令の範囲に入らない欠陥機械や販売先が不明の機械などが増加し、これらによる重篤な労働災害が発生しているのが実態。検討会で は、労働災害の状況によって機械の製造者名の公表、回収・改善を促進させる方策などを打ち出す。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ